旅猫写真館 valvane photo
  バックパッカーvalvaneが、旅先で撮った風景写真。ヨーロッパの田舎や世界遺産の写真、遺跡や猫の写真などを紹介。








ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索

From VALVANE


RSSフィード

リンク
このブログをリンクに追加する

ブックマーク

・ Asian Memories
・ ヨーロッパ好きの旅写真
・ 愉快なフランス人たち!
・ はてるまが行く!
・ ***Aller Retour***
・ ウナムのまなざし
・ 石の上にも30年
   ・アイルランド回想編

・ 旅と写真と星が好き
   &PHOTO-YARD

・ SKYWARDS OVER WORKS
・ YORIKO'S PHOTO EYE
・ リサタビ列車
・ のりものLibrary
・ 地球散歩
・ 写真でイスラーム
・ Toshiki's Room



旅猫写真館へようこそ
旅猫写真館では、バックパッカーvalvaneが撮り貯めた旅行写真をのんびり公開していっています。旅猫写真館の楽しみ方は、いろいろ。日ごとのアップデート順に見るのと、カテゴリー別に見るのとでは、また少し、見え方が違ってくるかもしれません。また旅猫写真館では、「今日は何の日」とか、その時々の世界で起きたニュースなどをヒントに、アップするものを選んでいることもあります。

                                                FC2 ブログランキング

      


















スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告 /
この記事のURL:http://tabinekosyashinkan.blog63.fc2.com/?overture" target="_new

イタリア、サン・マルコ広場のカフェにて


サン・マルコ広場近くのカフェでは、中世の貴族よろしく
仮装した人々がくつろいでいた。


ヴェネツィアに限った話ではないが、「カーニバル」とは、本来は五穀豊穣を願って行われた古いお祭りだったものが、キリスト教が広まるにつれて(肉食を禁じた)四旬節前の乱痴気騒ぎとなっていったものだ。そこでは仮面をつけることによって、身分や貧富の差はもちろん、社会道徳や規律からも開放されて、誰もが楽しめるようになっていた。

やがて、、このような飲めや歌えの騒ぎに現実逃避の場を見出す人間が多かったのか、カーニバル期間は徐々に長くなり、ついにはカーニバルとは関係なく、いつでも仮面をつける人々も出てきた。そしてついに、賭博場と社交場を兼ねた「リドット」において着用を義務づけられるに至り、仮面は身分を隠した社交の必須アイテムとなった。よく知られたところでは、かのフランス王妃マリー・アントワネットも、仮面をつけて賭博場に入り浸っていた時期があったとのこと。

ヴェネツィアとその潟 1987年、世界遺産(文化遺産)
ヴェネツィアとその潟(I)(イタリア) TBS「世界遺産」
ヴェネツィアとその潟(II)(イタリア) TBS「世界遺産」

スポンサーサイト

カテゴリー:イタリアの旅行写真 ヴェネツィアとその潟 / トラックバック:0 コメント:2
FC2カテゴリ:写真 (海外の写真)
この記事のURL:http://tabinekosyashinkan.blog63.fc2.com/blog-entry-76.html


なるほど~仮面にはそんな歴史があったのですね。
すごいなぁ。
圧倒的に個性的な仮面で個性を消すのですね。
ペストの話は仮面の見方を変えますね。
(ウナム)
2006/10/04 | URL |(trip@-)
編集

ウナムさんへ ≫

ヴェネツィアは歴史ある町ですからね~。歴史は華やかな場面もあれば、
暗い闇の場面もあるというわけです。
ペスト禍のとき、ヴェネツィアは大変だったみたいですよ。水の都だけに。
(valvane)
2006/10/04 | URL |(trip@3un.pJ2M)
編集
コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabinekosyashinkan.blog63.fc2.com/tb.php/76-f7067922


ページ上部に戻る▲
旅猫写真館 valvane photo
© valvane 2017. (http://tabinekosyashinkan.blog63.fc2.com/)

/
長靴を履かない猫/インド式計算
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。