旅猫写真館 valvane photo
  バックパッカーvalvaneが、旅先で撮った風景写真。ヨーロッパの田舎や世界遺産の写真、遺跡や猫の写真などを紹介。








ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索

From VALVANE


RSSフィード

リンク
このブログをリンクに追加する

ブックマーク

・ Asian Memories
・ ヨーロッパ好きの旅写真
・ 愉快なフランス人たち!
・ はてるまが行く!
・ ***Aller Retour***
・ ウナムのまなざし
・ 石の上にも30年
   ・アイルランド回想編

・ 旅と写真と星が好き
   &PHOTO-YARD

・ SKYWARDS OVER WORKS
・ YORIKO'S PHOTO EYE
・ リサタビ列車
・ のりものLibrary
・ 地球散歩
・ 写真でイスラーム
・ Toshiki's Room



旅猫写真館へようこそ
旅猫写真館では、バックパッカーvalvaneが撮り貯めた旅行写真をのんびり公開していっています。旅猫写真館の楽しみ方は、いろいろ。日ごとのアップデート順に見るのと、カテゴリー別に見るのとでは、また少し、見え方が違ってくるかもしれません。また旅猫写真館では、「今日は何の日」とか、その時々の世界で起きたニュースなどをヒントに、アップするものを選んでいることもあります。

                                                FC2 ブログランキング

      


















スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告 /
この記事のURL:http://tabinekosyashinkan.blog63.fc2.com/?overture" target="_new

トルコ、燃えるパムッカレ


1日の終わりに、太陽が咲かせる曼珠沙華。
日没と共に死し、夜明けと共に復活する太陽は、死と再生の象徴であった。


「曼珠沙華(まんじゅしゃげ)」の茎及び根茎には、アルカロイドと言う有毒成分が含まれている。そんな事実もあってだろうか、秋の彼岸の頃から開花することから「彼岸花」とも呼ばれるが、これには「これを食べた後には「彼岸(死)」しかない」からだと言う異説もあるらしい。なお曼珠沙華には澱粉質が多く、飢饉の際には、何度も水にさらした上で食用にしていたらしい。

古来より、太陽は神の象徴であった。日本の天照大神はもとより、エジプトにおいても、太陽は神性を現すものだった。ハトホル神殿の地下室には、太陽が西の空に沈むと、夜の間に地下の世界(冥界)を通じて西から東に、太陽と朝の空が運ばれることによって、再び朝日が昇る過程が、絵物語と象形文字で語られている。

ヒエラポリス?パムッカレ 1988年、世界遺産(複合遺産)
ヒガンバナ Wikipedia
デンデラの電球 電気の歴史イラスト館

スポンサーサイト

カテゴリー:トルコの旅行写真 ヒエラポリス-パムッカレ / トラックバック:0 コメント:2
FC2カテゴリ:写真 (夕焼けの写真)
この記事のURL:http://tabinekosyashinkan.blog63.fc2.com/blog-entry-58.html


水に映る空というのは格別に美しいもので、心がその空間に飛んでいきそうになります。
 夕焼けの色が倍化されて素敵です!
(miriyun)
2007/05/16 | URL |(trip@X.Av9vec)
編集

miriyunさんへ ≫

たくさんの石灰棚いっぱいに夕焼けが映って、それはきれいでした。
こんな遅い時間までじっくり眺めていられるのも、パムッカレの「上」に泊まる醍醐味かな…と。
今も「上」に泊まれるかはわかりませんが、お勧めですよ!
(valvane)
2007/05/16 | URL |(trip@3un.pJ2M)
編集
コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabinekosyashinkan.blog63.fc2.com/tb.php/58-c16ca821


ページ上部に戻る▲
旅猫写真館 valvane photo
© valvane 2017. (http://tabinekosyashinkan.blog63.fc2.com/)

/
長靴を履かない猫/インド式計算
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。