旅猫写真館 valvane photo
  バックパッカーvalvaneが、旅先で撮った風景写真。ヨーロッパの田舎や世界遺産の写真、遺跡や猫の写真などを紹介。








ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索

From VALVANE


RSSフィード

リンク
このブログをリンクに追加する

ブックマーク

・ Asian Memories
・ ヨーロッパ好きの旅写真
・ 愉快なフランス人たち!
・ はてるまが行く!
・ ***Aller Retour***
・ ウナムのまなざし
・ 石の上にも30年
   ・アイルランド回想編

・ 旅と写真と星が好き
   &PHOTO-YARD

・ SKYWARDS OVER WORKS
・ YORIKO'S PHOTO EYE
・ リサタビ列車
・ のりものLibrary
・ 地球散歩
・ 写真でイスラーム
・ Toshiki's Room



旅猫写真館へようこそ
旅猫写真館では、バックパッカーvalvaneが撮り貯めた旅行写真をのんびり公開していっています。旅猫写真館の楽しみ方は、いろいろ。日ごとのアップデート順に見るのと、カテゴリー別に見るのとでは、また少し、見え方が違ってくるかもしれません。また旅猫写真館では、「今日は何の日」とか、その時々の世界で起きたニュースなどをヒントに、アップするものを選んでいることもあります。

                                                FC2 ブログランキング

      


















スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告 /
この記事のURL:http://tabinekosyashinkan.blog63.fc2.com/?overture" target="_new

トルコ、アルメニア十字


トルコ、アニ遺跡のアルメニア十字。
メノラー(燭台)とセフィロト(生命の木)も兼ねて表現している。


TB : 旅する物理屋「アルメニアへ行こう?2

スポンサーサイト

カテゴリー:トルコの旅行写真 アニ遺跡 / トラックバック:0 コメント:9
FC2カテゴリ:写真 (遺跡、名所、旧跡)
この記事のURL:http://tabinekosyashinkan.blog63.fc2.com/blog-entry-39.html


valvaneさん、

トラックバックありがとうございました。トルコの一部は昔アルメニア王国だったんですね。だからトルコにもアルメニアチャーチがあるんですね。そして近年までアルメニア人がたくさん住んでいて...。しかし、アルメニアンチャーチに上のような意味があるとは知りませんでした。いつかトルコ側のアルメニア教会や遺跡にも行ってみたいです。
(まーらいおん)
2006/08/20 | URL |(trip@aIcUnOeo)
編集

まーらいおんさんへ ≫

コメントありがとうございます。
アニはアルメニア王国の首都だったのに、戦争で破壊され、領土も分割、放置され、、
「遺跡」と成り果ててしまいました。
いつかこの向こう側、この遺跡のアルメニア側に行きたいです。
(valvane)
2006/08/20 | URL |(trip@3un.pJ2M)
編集

>オーストラリアの、パース。
>ワイルドフラワーが咲き乱れて、とてもき>れいなんだそうです。
コメント有難うございました。
きれいな所ですね~。パースの周囲も調べてみます!またその他で面白いところがあれば、教えてください!

(smile4u)
2006/08/20 | URL |(trip@-)
編集

こんにちわ!!
先日はコメントありがとうございました!!
写真、神秘的ですね!!
またきまーす!!
(24)
2006/08/20 | URL |(trip@fSMhSU0Y)
編集

smile4uさんへ ≫

良いアイディアは出そうですか?
心配しなくても、オーストラリアは自然がいっぱいなのでいいところが見つかると思いますが。
まだ先ですが、楽しんできてくださいね♪

24さんへ ≫

コメントありがとうございます。
写真については素人ですが、ちょっとはそれらしく見えるよう、頑張ってみています。
また遊びに来てくださいね。お待ちしています。
valvane
2006/08/20 | URL |(trip@3un.pJ2M)
編集

履歴に残ってたブログにコメント残そうと思ったんですが、できなくって・・・(はい、PCオンチです)こちらにたどりつきました。valvaneさんのブログは本当に写真がキレイで羨ましいです^^
ギリシャの方のブログも応援してますね!
私は大昔に一度行ったきりなので、情報提供ができなくって残念なんですが・・・
(はてるま)
2006/08/21 | URL |(trip@-)
編集

はてるまさんへ ≫

私もギリシャに行ったのは、直近でアメリカの同時爆破テロがあったときなので、けっこう昔になります。
でも、そんなに何もかもが変わるわけじゃないし、まして国民性が変わるわけでもなし。
昔のことでも、参考にはなると思いますので、またお話を聞かせてください。

むしろ「ガイドブックに出ていることなら、絶対正解!」と思う方がやっかいかも。
出版されたものって、つい信じてしまいそうですが、それだって調査に数年、
編集に1年とかかかっているでしょうから、かなり古い情報ですよ…。
valvane
2006/08/21 | URL |(trip@3un.pJ2M)
編集

アルメニアいいですね。アルメニアのこういう文様に興味があります。燭台は十字架の下の部分が二手に分かれているところのようですね。生命の木と兼ねているということが珍しい考え方ですね。アルメニア独特の発想なのでしょうか。
(miriyun)
2006/10/07 | URL |(trip@-)
編集

miriyunさんへ ≫

アルメニアと言っても、ここは昔「アルメニア王国」だった「アニ遺跡(トルコ)」なんですが、
様々な文化や宗教が入り混じった土地だったようです。
アニ遺跡では東方正教会の教会跡はもちろん、モスクもありますし、
北欧神話をモチーフにした壁画も描かれていました。
アルメニア正教もまた、純粋なキリスト教ではなく、アルメニアの土着信仰と入り混じったものになっています。
この十字架のように生命の木と兼ねたデザインは、特にアルメニアに限ったものではなく、
世界中のさまざまな場所から見つかっているようです。
(valvane)
2006/10/07 | URL |(trip@3un.pJ2M)
編集
コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabinekosyashinkan.blog63.fc2.com/tb.php/39-bd0ebf2c


ページ上部に戻る▲
旅猫写真館 valvane photo
© valvane 2017. (http://tabinekosyashinkan.blog63.fc2.com/)

/
長靴を履かない猫/インド式計算
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。