旅猫写真館 valvane photo
  バックパッカーvalvaneが、旅先で撮った風景写真。ヨーロッパの田舎や世界遺産の写真、遺跡や猫の写真などを紹介。








ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索

From VALVANE


RSSフィード

リンク
このブログをリンクに追加する

ブックマーク

・ Asian Memories
・ ヨーロッパ好きの旅写真
・ 愉快なフランス人たち!
・ はてるまが行く!
・ ***Aller Retour***
・ ウナムのまなざし
・ 石の上にも30年
   ・アイルランド回想編

・ 旅と写真と星が好き
   &PHOTO-YARD

・ SKYWARDS OVER WORKS
・ YORIKO'S PHOTO EYE
・ リサタビ列車
・ のりものLibrary
・ 地球散歩
・ 写真でイスラーム
・ Toshiki's Room



旅猫写真館へようこそ
旅猫写真館では、バックパッカーvalvaneが撮り貯めた旅行写真をのんびり公開していっています。旅猫写真館の楽しみ方は、いろいろ。日ごとのアップデート順に見るのと、カテゴリー別に見るのとでは、また少し、見え方が違ってくるかもしれません。また旅猫写真館では、「今日は何の日」とか、その時々の世界で起きたニュースなどをヒントに、アップするものを選んでいることもあります。

                                                FC2 ブログランキング

      


















スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告 /
この記事のURL:http://tabinekosyashinkan.blog63.fc2.com/?overture" target="_new

トルコ、ギョレメ国立公園の洞窟教会


照りつける太陽の下、それは私を待っていた。
乾いた大地の、壊れた教会跡にて。


標高1000mを超えるアナトリア高原中央部に広がる、荒涼とした台地、カッパドキア。キノコや煙突のような形の奇岩が林立し、 巨岩がそびえる景観は、柔らかい凝灰岩が風雨によって侵食されてできた自然の造形物。紀元前4世紀頃、キリスト教の修道士たちがこの地に多く集まり、岩を削って、無数の洞窟修道院が作られた。半ば崩壊した教会跡を、ギョレメ野外博物館では大胆にもそのまま、一般公開している。フレスコ画は必見。

ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群 1985年、世界遺産(複合遺産)
ギョレメ国立公園とカッパドキアの岩窟群(トルコ) TBS「世界遺産」

スポンサーサイト

カテゴリー:トルコの旅行写真 カッパドキアの奇岩 / トラックバック:0 コメント:2
FC2カテゴリ:旅行 (世界遺産・遺跡・名所)
この記事のURL:http://tabinekosyashinkan.blog63.fc2.com/blog-entry-31.html


はじめまして!waojouです。
ブログへのコメントをいただき、ありがとうございました。
写ったものの歴史を感じるステキな写真ばかりですね。
これからもお邪魔させていただきますので、よろしくおねがいします!
(waojou)
2006/08/13 | URL |(trip@-)
編集

waojouさんへ ≫

いらっしゃいませ。来てくださって、ありがとうございます。
waojouさんの写真も、和のテイストの素敵なものばかりですよね。
また遊びに来てくださるのを、お待ちしています。
(valvane)
2006/08/13 | URL |(trip@3un.pJ2M)
編集
コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabinekosyashinkan.blog63.fc2.com/tb.php/31-1f7c20d8


ページ上部に戻る▲
旅猫写真館 valvane photo
© valvane 2017. (http://tabinekosyashinkan.blog63.fc2.com/)

/
長靴を履かない猫/インド式計算
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。