旅猫写真館 valvane photo
  バックパッカーvalvaneが、旅先で撮った風景写真。ヨーロッパの田舎や世界遺産の写真、遺跡や猫の写真などを紹介。








ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索

From VALVANE


RSSフィード

リンク
このブログをリンクに追加する

ブックマーク

・ Asian Memories
・ ヨーロッパ好きの旅写真
・ 愉快なフランス人たち!
・ はてるまが行く!
・ ***Aller Retour***
・ ウナムのまなざし
・ 石の上にも30年
   ・アイルランド回想編

・ 旅と写真と星が好き
   &PHOTO-YARD

・ SKYWARDS OVER WORKS
・ YORIKO'S PHOTO EYE
・ リサタビ列車
・ のりものLibrary
・ 地球散歩
・ 写真でイスラーム
・ Toshiki's Room



旅猫写真館へようこそ
旅猫写真館では、バックパッカーvalvaneが撮り貯めた旅行写真をのんびり公開していっています。旅猫写真館の楽しみ方は、いろいろ。日ごとのアップデート順に見るのと、カテゴリー別に見るのとでは、また少し、見え方が違ってくるかもしれません。また旅猫写真館では、「今日は何の日」とか、その時々の世界で起きたニュースなどをヒントに、アップするものを選んでいることもあります。

                                                FC2 ブログランキング

      


















スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告 /
この記事のURL:http://tabinekosyashinkan.blog63.fc2.com/?overture" target="_new

イタリア、カーニバルに参加するということ


参加の仕方は、人それぞれ。みんな、思い思いにカーニバルを楽しめばいい。


つい先日、「(ヴェネツィアに限らず)ヨーロッパのカーニバルに、どんな仮装で参加したか」尋ねられている方がいたが、私は、そんなに気にしないでいいと思う。ご覧のように、仮装と言っても、ゴージャスな衣装を身に纏うだけが仮装ではない。仮装用のお洒落な帽子やスカーフ、仮面を売る屋台がいくらでも出ているし、フェイスペインティングをしてくれるアーティストもいる。もちろん、必ず仮装しないといけないわけではないから、みんなもっと、気軽・手軽に参加すればいい。しかし、これだけは止めていただきたい、と思うこともある。

前出の質問に対し、「観光客の中には貸衣装屋で借りて、上から下まで変身する人もいるが、身のこなしが地元民とは全く違うので、見ていてこちらが恥ずかしくなる。」と回答された方がいたが、そのご本人様はと言うと、「子供には、セーラームーンとピーターパンの衣装を着せた。」とのこと。この方はヴェネツィアの文化や伝統を、何だと思われているのだろうか。確かに、日本の祭りの屋台では、その時々で流行っているアニメキャラクターのお面が売られているが、海外のお祭りでそのような流行物を売っている光景は、ついぞ見たことがない。それは、ヴェネツィアのカーニバルでも同じだ。カーニバルに参加するということ。それはその国、その町の伝統を重んじ、敬意を表することでもあると思う。

ヴェネツィアとその潟 1987年、世界遺産(文化遺産)

スポンサーサイト

カテゴリー:イタリアの旅行写真 ヴェネツィアとその潟 / トラックバック:0 コメント:4
FC2カテゴリ:旅行 (世界遺産・遺跡・名所)
この記事のURL:http://tabinekosyashinkan.blog63.fc2.com/blog-entry-172.html


カーニバル、楽しそうですね!ベニスのあの町の中で行われるお祭りはいっぱい異国の香りが味わえそうで、一度その時期にも行ってみたいです。フェイスペインティングって仮面の代わりの様なものなんですか?
(amy)
2007/02/09 | URL |(trip@-)
編集

amyさんへ ≫

そう、フェイスペインティングは仮面の簡略版みたいなものと思えばいいのではないでしょうか。
ゴージャスな衣装を作るのは手間ですし、ちょっとしたものを買うにしても、それなりにお金が
掛かりますし、フェイスペインティングの方が手軽でいいと思います。
でも、これもなかなかお洒落なんですよ~♪
(valvane)
2007/02/09 | URL |(trip@3un.pJ2M)
編集

私もvalvaneさんの意見に大賛成です。
セーラームーンとピーターパンですか・・。
特に日本のアニメキャラクターは、まさに商業主義の申し子なんですよね。
郷に入れは郷に従えで、その国ならではのスタイルを楽しむことが伝統や文化に敬意を払うということなのだと思います。
でもギリシャに住んでみて、そういうことが苦手な日本人が意外に多いという印象を受けました。海外でありながら、日本の生活をそっくり移し、日本人だけで仲良くするような・・そんな人達を思い出しました。

(さらさ)
2007/03/01 | URL |(trip@-)
編集

さらささんへ ≫

そうなんですよね。「郷に入らば郷に従え」とは日本の言葉のはずですが、
ロンドンにもでっかい日本人居住地域がありました。
これってたぶん、「郷に入らば…」とは言うものの、それは日本が大陸から隔離された
島国だからこそ、言えてた言葉なんじゃないでしょうか。
本当はとっても小心者な、日本人。入っていくのが、怖いんですよ。
でも、ここで勇気を出さないとね~、大陸国とは渡り合えません。

(valvane)
2007/03/01 | URL |(trip@3un.pJ2M)
編集
コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabinekosyashinkan.blog63.fc2.com/tb.php/172-e0d69901


ページ上部に戻る▲
旅猫写真館 valvane photo
© valvane 2017. (http://tabinekosyashinkan.blog63.fc2.com/)

/
長靴を履かない猫/インド式計算
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。