旅猫写真館 valvane photo
  バックパッカーvalvaneが、旅先で撮った風景写真。ヨーロッパの田舎や世界遺産の写真、遺跡や猫の写真などを紹介。








ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索

From VALVANE


RSSフィード

リンク
このブログをリンクに追加する

ブックマーク

・ Asian Memories
・ ヨーロッパ好きの旅写真
・ 愉快なフランス人たち!
・ はてるまが行く!
・ ***Aller Retour***
・ ウナムのまなざし
・ 石の上にも30年
   ・アイルランド回想編

・ 旅と写真と星が好き
   &PHOTO-YARD

・ SKYWARDS OVER WORKS
・ YORIKO'S PHOTO EYE
・ リサタビ列車
・ のりものLibrary
・ 地球散歩
・ 写真でイスラーム
・ Toshiki's Room



旅猫写真館へようこそ
旅猫写真館では、バックパッカーvalvaneが撮り貯めた旅行写真をのんびり公開していっています。旅猫写真館の楽しみ方は、いろいろ。日ごとのアップデート順に見るのと、カテゴリー別に見るのとでは、また少し、見え方が違ってくるかもしれません。また旅猫写真館では、「今日は何の日」とか、その時々の世界で起きたニュースなどをヒントに、アップするものを選んでいることもあります。

                                                FC2 ブログランキング

      


















スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告 /
この記事のURL:http://tabinekosyashinkan.blog63.fc2.com/?overture" target="_new

トルコ、海の中に建つ家


初めから海の中に建っていたわけじゃない。


ケコワ島周辺地域では、地震による地殻変動で、それまで陸地だったところが沈み、海になった。地震大国ニッポンに住みながら、比較的地震の少ない土地に生まれ育ったため、20歳頃までに経験した地震は、わずか2度。それも、震度2。そしてその後体験した、阪神淡路大震災…。それでも、土地が沈んだ話は聞かない。陸地が海になるほどの地震って、どれほどのものかと思う。

全てが水の底になってしまったわけではないが、美しさと同時に自然の驚異を感じさせてくれるところ、ケコワ島。美しい海に遺跡と化した住居跡が旅人を惹き付けるが、遺跡に接近してはならない(潜水も禁止)。遺跡を壊す不届き者がいるそうで、警備兵が目を光らせている。ウナムさんが旅行された、辺境の町マルディン(同じくトルコ)の城砦ではないが、「バキューン!」とやられる可能性も、無きにしもあらずだ。

自然の驚異    From VALVANE

スポンサーサイト

カテゴリー:トルコの旅行写真 ケコワ島 / トラックバック:0 コメント:8
FC2カテゴリ:写真 (遺跡、名所、旧跡)
この記事のURL:http://tabinekosyashinkan.blog63.fc2.com/blog-entry-162.html


トルコもかなり地震の多いところであるし、有史以来地中海はおおきな火山活動もあり、こういうことが多いんでしょうね。
 この階段は家ですか、それとも遺跡?
(miriyun)
2007/01/14 | URL |(trip@-)
編集

miriyunさんへ ≫

トルコも、地震が多いみたいですね。
ネムルト・ダーの神像だって、地震で首が落ちちゃったわけですし。。(ひゃ;;)
この階段は、家でもあるし、遺跡でもあります。住居跡ですね。
あんまり近付いて、狙われると怖いので、望遠で写しています。
(valvane)
2007/01/14 | URL |(trip@3un.pJ2M)
編集

およよ、僕の名前が出てますよ!
びっくりしちゃいました。
ケコワ島は沈んでる部分見ましたけど
もぐっちゃだめだったんですね。
もぐらなくてよかったです。
ばきゅーんはちょっと・・・(笑
(ウナム )
2007/01/14 | URL |(trip@A8BJpryA)
編集

ウナムさんへ ≫

勝手にご登場願いました。(笑)
潜らなくて正解です。つい、潜って水中写真に挑みたくなりますが、
「バキューン」は遠慮したいところですし。
(valvane)
2007/01/14 | URL |(trip@3un.pJ2M)
編集

ふむう、ニュージーにすんでいた私としては、地震があると陸地が増えるのが普通だと思ってました。例えばウェリントンの国立博物館のあたりなど、100年ほど前までは全部海だったそうです。今度揺れた時に沈んだりしなければいいいのですが・・・
(某K)
2007/01/17 | URL |(trip@-)
編集

さすが石の文化。
長年侵食されても、しっかり家の形を保持してるんですね。

valvaneさんが関西の方とは・・・意外でした!
今日であの日から12年もたったんですよね。。。どんなに時間が経っても、
このおうちのようにあの日の事を
風化させないようにしなければ、と思っています。
(はてるま)
2007/01/17 | URL |(trip@-)
編集

近くに行きたい! 海底遺跡という話は聞いたことがありますが、こういう形の遺跡というのは珍しいですね。トルコも行ってみたいところが、また増えました。
それにしても、すごい地震だったんですね。自然に対する畏怖を感じます。
海と遺跡と・・風景としては素敵なのに、近づけないというのが本当に残念ですね。泳いでいって、この階段に座り、ぼんやりと海を眺められたらいいのに・・。
(さらさ)
2007/01/19 | URL |(trip@-)
編集

怒涛の年末&年始引越の次は、まさかまさかの大トラブルに見舞われ、
少々気が動転気味のvalvaneです~。(泣)
…少~し、落ち着いてきましたが。

Kさんへ ≫

陸地が増えるだけなら、陸上生活がメインの者としてはうれしいですが、沈むのは嫌ですね~;;
どっちに転ぶか分からないところも、怖いところですね。

と・こ・ろ・で、、 今、バンクーバーにおいででしたよね?
では! 19日発行の日本語情報誌Oops![1月下旬号]を、ぜひご覧頂きたく…♪

はてるまさんへ ≫

関西と言うか、中国地方の出身です。大学が近畿で、そのときにあの地震に遭ったんです。
その後あちこちうろついて、今現在、また似たようなところに戻ってきていますが。(w

あの地震のことは、忘れられませんよ。
あのせいで、飛行機に乗り遅れそうになったんですから~;;

さらささんへ ≫

海底遺跡! 与那国とかの海底遺跡を見に行ってみたいですね。
泳ぐのは大の苦手なので、難しそうですが。
(ケコワ島付近も水がきれいすぎて、底がはっきりくっきり見えるので、怖かったです。)

住居跡、私もすごく近付いてみたかったです。
遺跡には上陸できませんでしたが、手漕ぎボートではごろん♪となって、ぼーっとしました。
(valvane)
2007/01/20 | URL |(trip@3un.pJ2M)
編集
コメント投稿
URL:
Comment:
Pass:
 




トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://tabinekosyashinkan.blog63.fc2.com/tb.php/162-fec2ab8d


ページ上部に戻る▲
旅猫写真館 valvane photo
© valvane 2017. (http://tabinekosyashinkan.blog63.fc2.com/)

/
長靴を履かない猫/インド式計算
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。