旅猫写真館 valvane photo
  バックパッカーvalvaneが、旅先で撮った風景写真。ヨーロッパの田舎や世界遺産の写真、遺跡や猫の写真などを紹介。








ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索

From VALVANE


RSSフィード

リンク
このブログをリンクに追加する

ブックマーク

・ Asian Memories
・ ヨーロッパ好きの旅写真
・ 愉快なフランス人たち!
・ はてるまが行く!
・ ***Aller Retour***
・ ウナムのまなざし
・ 石の上にも30年
   ・アイルランド回想編

・ 旅と写真と星が好き
   &PHOTO-YARD

・ SKYWARDS OVER WORKS
・ YORIKO'S PHOTO EYE
・ リサタビ列車
・ のりものLibrary
・ 地球散歩
・ 写真でイスラーム
・ Toshiki's Room



旅猫写真館へようこそ
旅猫写真館では、バックパッカーvalvaneが撮り貯めた旅行写真をのんびり公開していっています。旅猫写真館の楽しみ方は、いろいろ。日ごとのアップデート順に見るのと、カテゴリー別に見るのとでは、また少し、見え方が違ってくるかもしれません。また旅猫写真館では、「今日は何の日」とか、その時々の世界で起きたニュースなどをヒントに、アップするものを選んでいることもあります。

                                                FC2 ブログランキング

      


















スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリー:スポンサー広告 /
この記事のURL:http://tabinekosyashinkan.blog63.fc2.com/?overture" target="_new

■ フォントネーのシトー会修道院 1981年、世界遺産(文化遺産)
   Cistercian Abbey of Fontenay (1981)

10世紀初頭、クリュニー修道院は、世界で始めての修道院として創設された。しかし11世紀の終わり頃には、その修道会も華美と富にまみれてしまっていた。そんな地に堕ちたクリュニー修道会を見限り、新たに創設されたシトー会のフォントネー修道院。そこに贅沢や富といったものは、一切ない。ステンドグラスさえも排除した、その簡素で素直な美しさだけが、そこにある。
しかしながら、このフォントネーの修道院における生活は、決して楽なものではなかった。労働と祈りを重視した修道士たちは、周辺の森を開墾、畑を耕して自給自足の生活をするだけでなく、修道院の建物までも自ら切り出した石材で造った。そんな苛酷な生活のため、30歳になる前に亡くなる修道士も数多くいた。そんなフォントネー修道院は、現存するシトー会修道院でも、当時のままの姿を留める数少ない施設とあって、世界遺産に認定された。

フォントネーのシトー会修道院    TBS「世界遺産」
フォントネー修道院    世界紀行・心に刻む遥かなる「時」

 
                      フランス、フォントネー修道院を眺める       フランス、フォントネー修道院の入口
                    フランス、フォントネー修道院を眺める    フランス、フォントネー修道院の入口


スポンサーサイト

カテゴリー:世界遺産の写真一覧 /
FC2カテゴリ:旅行 (世界遺産・遺跡・名所)
この記事のURL:http://tabinekosyashinkan.blog63.fc2.com/blog-entry-101.html

ページ上部に戻る▲
旅猫写真館 valvane photo
© valvane 2017. (http://tabinekosyashinkan.blog63.fc2.com/)

/
長靴を履かない猫/インド式計算
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。