旅猫写真館 valvane photo
  バックパッカーvalvaneが、旅先で撮った風景写真。ヨーロッパの田舎や世界遺産の写真、遺跡や猫の写真などを紹介。








ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


ブログ内検索

From VALVANE


RSSフィード

リンク
このブログをリンクに追加する

ブックマーク

・ Asian Memories
・ ヨーロッパ好きの旅写真
・ 愉快なフランス人たち!
・ はてるまが行く!
・ ***Aller Retour***
・ ウナムのまなざし
・ 石の上にも30年
   ・アイルランド回想編

・ 旅と写真と星が好き
   &PHOTO-YARD

・ SKYWARDS OVER WORKS
・ YORIKO'S PHOTO EYE
・ リサタビ列車
・ のりものLibrary
・ 地球散歩
・ 写真でイスラーム
・ Toshiki's Room



旅猫写真館へようこそ
旅猫写真館では、バックパッカーvalvaneが撮り貯めた旅行写真をのんびり公開していっています。旅猫写真館の楽しみ方は、いろいろ。日ごとのアップデート順に見るのと、カテゴリー別に見るのとでは、また少し、見え方が違ってくるかもしれません。また旅猫写真館では、「今日は何の日」とか、その時々の世界で起きたニュースなどをヒントに、アップするものを選んでいることもあります。

                                                FC2 ブログランキング

      


















カテゴリ別ログ_動物や鳥の写真
スポンサーサイト (--/--/--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この記事のURL:http://tabinekosyashinkan.blog63.fc2.com/?overture" target="_new

イギリス、リーズ城の愛し合う2羽


結婚が禁じられた時代にあって、愛する若者らを結び付けていた聖バレンタイン。
投獄され、死刑を宣告された中で、看守の娘に恋をした。


西暦270年頃、時のローマ皇帝クラウディウス2世は、更なる領土拡大を目指していた。しかし恋人の元を離れたくない若者は、戦争に出ようとしない。そして、既に結婚している者は、戦いのことより家族のことが気が気でならない。そのためクラウディウス2世は、新たな結婚を禁じた。しかし愛し合う若者らを、密かに結びつける者がいた。それが、聖バレンタイン。しかしそれが皇帝にばれると、彼は投獄、死刑を宣告された。そんな最中でも彼は愛に生き、看守の娘と恋に落ちた。その聖バレンタインが処刑前に娘に宛てて書いた手紙、「あなたのバレンタインより」。これが後に、バレンタインデーにカードを贈る習慣となったと言う。

バレンタインデーの起源    From VALVANE

トラックバック:0 コメント:5
FC2カテゴリ:写真 (写真にコトバをのせて)
この記事のURL:http://tabinekosyashinkan.blog63.fc2.com/blog-entry-177.html

トルコ、カッパドキアの鳩 2


「…7日後、もう一度鳩を放すと、
鳩はオリーブの葉をくわえて船に戻ってきた。」


鳩は平和の象徴とされているが、それは旧約聖書に書かれた、「ノアの大洪水」の話から来ている。堕落した人間を一掃すべく、神がもたらした40日40夜もの大雨。大雨は大洪水となって、地上の全てを飲み込んだ。やがて雨が止むと、ノアたちを乗せた箱舟はアララト山に引っかかった。それから40日後、ノアは鳩を放ったが、鳩は止まるところがなかったため、戻ってきてしまった。しかしその7日後、鳩はオリーブの葉をくわえて戻ってきた。そして更に7日後、ノアは再び鳩を放ったが、鳩は戻ってこなかった。それにより、ノアは水が引いたことを知ったのである。

人は神の怒りを招いたが、善良なノアによって絶滅は免れた。しかし、ノアに救われた私たちは、鳩が知らせてくれた平和を、いつまで守り続けることができるだろうか…。クリスマスという時節柄、ふとそんなことを考えてみた。

トラックバック:0 コメント:11
FC2カテゴリ:写真 (写真にコトバをのせて)
この記事のURL:http://tabinekosyashinkan.blog63.fc2.com/blog-entry-157.html

トルコ、カッパドキアの鳩 1


カッパドキアの、鳩の巣穴。


カッパドキアには、大勢のキリスト教の修道士が住み着いた。彼らは岩山に開いた天然の穴を掘り広げ、修道院や住居を造ったが、鳩小屋も作った。キリスト教のミサに欠かせない、ワインを得るため…。
鳩は平和のシンボルであると同時に、ブドウの木に栄養を与える「糞」を提供してくれる存在だった。

ところで、この巣穴の鳩には、足首にも羽が生えている。鳩によって羽の長さや量はまちまちだが、こんな「足首にも羽が生えている鳩」は、初めて見た。これはカッパドキア特有なのか、カッパドキアでも珍しいのか。それとも、元々こうした品種の鳩なのか…?

トラックバック:0 コメント:3
FC2カテゴリ:旅行 (旅先で見つけたもの)
この記事のURL:http://tabinekosyashinkan.blog63.fc2.com/blog-entry-156.html

ギリシャ、メツォボの鳩小屋


のどかな村の午後、鳩も眠そうにしていた。


トラックバック:0 コメント:4
FC2カテゴリ:写真 (お散歩写真)
この記事のURL:http://tabinekosyashinkan.blog63.fc2.com/blog-entry-60.html

イギリス、ダートムーアの羊


サマーセーターでも、やはり暑いらしい。
木陰で涼む、羊の親子。


この写真は、もう何年も前に写したもので、今年のものではない。しかし今年、世界では猛暑に見舞われている国が多い。イギリスもそのうちの1つで、英紙によれば、ロンドン市の地下鉄構内は18日、"かまど"状態になり、約47度にまで急上昇した。ロンドン市長は、世界最古の同地下鉄が故障して途中でストップした場合、暑さのため「深刻なほどの犠牲者が出る」との懸念を示した。

トラックバック:1 コメント:2
FC2カテゴリ:写真 (動物の写真)
この記事のURL:http://tabinekosyashinkan.blog63.fc2.com/blog-entry-24.html

ページ上部に戻る▲
旅猫写真館 valvane photo
© valvane 2017. (http://tabinekosyashinkan.blog63.fc2.com/)

/
長靴を履かない猫/インド式計算
This BlogTemplate's origin was written by Tamico.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。